東京で太陽光発電をする際に押さえておきたいこと

太陽光発電は発電した電力を全て電力会社が買い上げてくれるというメリットが有るため、近年広く一般家庭にも普及しています。最近では住宅を建築する際には殆どと言ってよいほど太陽光パネル設置のオプションが有るほどに普及しているものですが、東京に於いてはこの他にも様々な優遇制度があります。この制度を知っておくことで東京で太陽光発電を行う場合には他の場所で行う場合に比べ経済的に大幅に得をすることができる可能性が高くなるのです。東京に住んでいて太陽光発電を行いたいけれど初期投資が高額なために控えているといった人や太陽光発電の費用対効果が良く分からないといった人は、東京の優遇制度を良く理解しておくことで、より正しい判断をすることができることになるのです。

東京では太陽光発電の導入に関する支援制度があります

東京は住宅密集地が多いため、太陽光発電パネルの設置率が他の地域に比べ少ない傾向にあります。これは高層ビルなどが多いため日照時間が短い、またマンションなどでは太陽口発電パネルを設置するスペースがなかなかないといった問題が有るからです。しかし住宅密集地であっても太陽光を発電できるケースは多く、資源の有効利用に繋がることから東京では太陽光発電パネルの設置を積極的に奨励していますが、その費用は高額でなかなか設置に踏み切れない人も多いものです。そこで東京では一定の条件を満たせば太陽光発電パネルの設置費用の一部を援助する制度があります。援助額は市区町村により異なりますが、電力会社の全量買い取りとは別に設置費用を補助してもらえるため、太陽光発電をしたいけれど初期投資がなかなかできなかったという人にとっては大きなメリットとなります。

蓄電池などの設備導入に於ける援助制度も有効に活用しましょう

太陽光発電を行いその電気を電力会社に買い取ってもらうことは総合的に電気代を節約することに繋がりますが、一方ではもう一つのメリットも考慮されています。それは太陽光発電で発電された電気を家庭内で蓄電池などに貯めておくことで、不意の停電や大きなトラブルの際に備えるといった考え方です。一般的に電気は電力会社から供給されますが、停電の場合には電気が使用できない状態となります。しかし、近年では電気が無いと大きなトラブルになる様なオール電化の住宅も少なくありません。そのため東京都では太陽光発電と同時に蓄電池などを設置する事を奨励しており、設置に当たり補助金を支給する制度を行っています。これを利用することで高額となる蓄電池の設置が安価に可能になる上、停電時も安心して電気が使用出来る住宅を実現することができます。