エコでお得な太陽光発電を東京でもやってみましょう

太陽光発電は太陽電池を使って、太陽の光を直接電力に変える発電のしかたです。太陽エネルギーは再生可能エネルギーであるため、環境にやさしいエコな発電として注目されています。近年問題となっている温暖化。東京都心ではヒートアイランド現象の影響もあって、気温が上昇しています。火力発電で生じる温室効果ガスや送電ロスなども温暖化の一因となっています。自然エネルギーを活かす太陽光発電の利用は環境を守ることにつながります。発電のためのソーラーパネルは建物内部の気温をうまくコントロールする効果があり、節電になるといいます。白い屋根は光を反射し、それが温室効果を促進するとも言われていますが、ソーラーパネルがそれを防ぐ働きをします。また、太陽光発電により発電した電力は電力会社等に国が定める期間は決まった価格で買い取ってもらえるので、経済的にもお得なのです。

太陽光発電で、環境や社会に貢献できます。

太陽光発電を使って自宅で発電すれば、火力発電への依存を少なくし、地球温暖化の防止や環境負荷を減らすことにつながります。時間帯や天候にもよりますが、停電時に電気が使えるのも自家発電の良いところです。災害時の安心への備えとなるのです。原子力発電への不安が高まる昨今、エネルギー問題は将来に関わる重要な問題です。自分で電気を作り、使うことは節電の意識も高めます。太陽光発電がエコな生活への良いきっかけとなるのではないでしょうか。いくら環境に良いといっても、自宅が太陽光発電に向いているかは気になるところです。東京都では「東京ソーラー屋根台帳」といって、太陽光発電への適合度を確認できるマップが公開されています。誰でも気軽に自宅の適合度が確認ができて便利です。社会的に推進されている今、多くの企業がこの分野に進出してきています。本格的な導入を検討するには時期尚早ではないのです。

太陽光発電はお得で経済的な発電です。

電気は使う場所で作るのが一番効率がいいと言われています。夜間や悪天候な時などを除いて、基本的に自宅で発電した電気が使えるので、電気代が節約できます。余った電気は電力会社に購入電力よりも高い値段で売ることもできます。太陽光発電を使うと屋内の温度が変わります。ソーラーパネルは夏は涼しく、冬は暖かくするといいます。一年を通してエアコンの使用が減らせれば電気代が削減できて経済的です。自分で電気が作れる、電気代を削減し売電で収入が得られる、環境にやさしいなど太陽光発電のメリットは魅力的です。設置費用はかかりますが、国や東京都をはじめ多くの自治体で設けられている補助制度や減税制度を利用すれば、設置費用を多少なりとも抑えることができます。建物の集中する東京の屋根にソーラーパネルが増えれば、大きなエコにつながります。環境にやさしくお得な太陽光発電を始めてみませんか。