東京で太陽光発電をする時のポイント

東京で太陽光発電を考えている人へ

再生可能エネルギーである太陽光を利用し、環境にやさしい発電として注目を集めている太陽光発電ですが、経済的にお得なこともあり、太陽光発電を導入する家庭が増えています。東京などの大都市圏では電力不足が懸念されていることもあり、社会的にも太陽光発電への期待は高まりつつあります。しかしながら、太陽光発電にはメリットばかりではありません。デメリットも存在します。太陽光発電を始める前にメリットとデメリットをしっかりと理解することが大切です。また、自宅が太陽光発電に向いているかを予め調べておくことも必要です。屋根の向きや日陰のあるなしなどでも発電量は変わってきます。日中家を留守にすることが多い家庭や共働きの家庭では発電した電気を売電に回すことができるので、導入効果が高いです。費用対効果を検証してから始めましょう。

太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電のメリットは、日中は発電した電気が使える分、電気代を節約できるということです。自分で電気を作ることで節電の意識も高まるといいます。余った電気は売電が可能です。日中電気を使わない家庭では売電による収入が期待できます。この他、ソーラーパネルによる断熱効果、災害時の利用が可能、温暖化の防止につながりエコであるなどが挙げられます。一方、デメリットもいくつかあります。設置費用が高額で、導入費用の回収には時間がかかります。日射量によって発電量が変わることがあり、夜間は発電ができません。点検やメンテナンスのための費用がかかります。保証内容やアフターサービスなどはメーカーや施工業者によって異なるので注意が必要です。将来家を売却したり賃貸することになった場合、諸手続きが必要になります。

導入の際には徹底的に選んで決めましょう

東京都が作成した東京ソーラー屋根台帳では都内の建物がどれくらい太陽光発電に向いているかを調べることができます。太陽光発電のメーカー選びも重要です。どのメーカーがいいかは屋根の形状などによっても左右されます。家の屋根が太陽光発電に向いているか、おすすめのメーカーはどこかなどは無料シミュレーションを行っている企業やサイトがありますので、いくつか調べて比較すると良いでしょう。メーカー選びにはパネルの性能に関わる太陽電池の変換効率、実際の発電量、耐久性、費用対効果、保証やサービスなどを総合的にみて、適したものを選びましょう。メーカーだけでなく、施工業者によっても施工後の違いがあるようです。設置実績、施工やメンテナンスでのアフターサービスなどを確認して選ぶと良いでしょう。長期間使うものなので、しっかりと検討して、安心して使える太陽光発電を導入することが大切です。

京葉ガスをご利用中のあなたへ、現在のガスの利用料金確認や、過去と現在の利用料金を簡単に比較したいと思いませんか?そんなあなたにウィズ京葉ガス ガスだけでなく電気も!電気料金がネットでわかる!!京葉ガスのでんき インターネットでのお申し込みOK!値段の早見表やサポートもネットで確認! ガスを使っておいしい料理を楽しくレッスン、東京ガス料理教室!受講費以外の入会費年会費などは不要!お申し込みはこちら 千葉の電気代はこちら|京葉ガス

昨今では最適な電源構成への議論が盛んに行なわれ、再生可能エネルギーへの転換は待ったなしで進められています。大規模な太陽光発電施設・メガソーラーも、全国各地で見かけるようになりました。ただし太陽光発電には広い面積が必要というイメージが強く、メガソーラーが設置されているのも、大部分は地価の安い地方の遊休地です。土地が狭く地価の高い東京では、太陽光発電は向いていないと思われがちです。しかし面積が狭くても、日照さえあれば可能なのが太陽光発電の長所です。極端な話をすれば、人工衛星は面積はほとんどありませんが、太陽光発電で動力を確保しています。東京では積雪が少なく、日照時間が比較的長いため、工夫次第で効率よく太陽光から電気を生み出すことができます。

変換効率の高いモジュールを選ぶ

東京で効率よく太陽光発電を行なうには、建物の屋上にソーラーパネルを設置する方法が考えられます。必ずしもすべての建物に適用できるわけではなく、屋根の向きや傾斜に影響を受けますし、他の建物の陰になっている時間も関係してきます。設置する前に、どの程度の効率を確保できるか、よく検討してみる必要があります。おおまかな結果であれば、ネットでも検索できるようになっています。狭い面積で太陽光発電を行なう場合には、変換効率を高くすることが欠かせません。太陽電池モジュールには結晶シリコン・薄膜・HITなどの種類があり、それぞれの変換効率は異なります。一般に変換効率が高いモジュールほど、単位面積あたりの価格も高くなっています。大規模なメガソーラーでは、コストダウンのため性能の低いモジュールを採用しています。

費用対効果のシミュレーションを

東京のような狭い土地では、初期コストが多少高くても、変換効率の高いモジュールを選ぶことが重要です。それによって年間を通じた発電量を増やすことができ、長い目で見れば有利な投資になります。なお近年ではモジュールに電子回路を組み込み、さらに効率を高めたモデルも販売されています。太陽光発電の導入前には、費用対効果のシミュレーションが大切です。ソーラーパネルの単価や性能は、メーカーによってバラバラなので、単純な比較は意味をなしません。設置に際して補助金が支給される場合もあるので計算に入れます。また売電メーターやパワーコンディショナーは定期的な交換が必要です。こうした諸費用と、節電・売電による利益を試算し、あとはユーザーの環境に対する考え方を加味して、導入を決定してください。

Featured Pages

You can select each of these pages from the Appearance > Customize section. The page excerpt is displayed here on the front page and you can select which icons to display for each.

エコでお得な太陽光発電を東京でもやってみましょう

太陽光発電は太陽電池を使って、太陽の光を直接電力に変える発電のしかたです。太陽エネルギーは再生可能エネルギーであるため、環境にやさ […]

エコでお得な太陽光発電を東京でもやってみましょう

太陽光発電は太陽電池を使って、太陽の光を直接電力に変える発電のしかたです。太陽エネルギーは再生可能エネルギーであるため、環境にやさ […]

エコでお得な太陽光発電を東京でもやってみましょう

太陽光発電は太陽電池を使って、太陽の光を直接電力に変える発電のしかたです。太陽エネルギーは再生可能エネルギーであるため、環境にやさ […]

東京で太陽光発電をする際に押さえておきたいこと

太陽光発電は発電した電力を全て電力会社が買い上げてくれるというメリットが有るため、近年広く一般家庭にも普及しています。最近では住宅 […]

Latest Posts

太陽光発電は太陽電池を使って、太陽の光を直接電力に変える発電のしかたです。太陽エネルギーは再生可能エネルギーであるため、環境にやさしいエコな発電として注目されています。近年問題となっている温暖化。東京都心ではヒートアイランド現象の影響もあって、気温が上昇しています。火力発電で生じる温室効果ガスや送電ロスなども温暖化の一因となっています。自然エネルギーを活かす太陽光発電の利用は環境を守ることにつながります。発電のためのソーラーパネルは建物内部の気温をうまくコントロールする効果があり、節電になるといいます。白い屋根は光を反射し、それが温室効果を促進するとも言われていますが、ソーラーパネルがそれを防ぐ働きをします。また、太陽光発電により発電した電力は電力会社等に国が定める期間は決まった価格で買い取ってもらえるので、経済的にもお得なのです。

太陽光発電で、環境や社会に貢献できます。

太陽光発電を使って自宅で発電すれば、火力発電への依存を少なくし、地球温暖化の防止や環境負荷を減らすことにつながります。時間帯や天候にもよりますが、停電時に電気が使えるのも自家発電の良いところです。災害時の安心への備えとなるのです。原子力発電への不安が高まる昨今、エネルギー問題は将来に関わる重要な問題です。自分で電気を作り、使うことは節電の意識も高めます。太陽光発電がエコな生活への良いきっかけとなるのではないでしょうか。いくら環境に良いといっても、自宅が太陽光発電に向いているかは気になるところです。東京都では「東京ソーラー屋根台帳」といって、太陽光発電への適合度を確認できるマップが公開されています。誰でも気軽に自宅の適合度が確認ができて便利です。社会的に推進されている今、多くの企業がこの分野に進出してきています。本格的な導入を検討するには時期尚早ではないのです。

太陽光発電はお得で経済的な発電です。

電気は使う場所で作るのが一番効率がいいと言われています。夜間や悪天候な時などを除いて、基本的に自宅で発電した電気が使えるので、電気代が節約できます。余った電気は電力会社に購入電力よりも高い値段で売ることもできます。太陽光発電を使うと屋内の温度が変わります。ソーラーパネルは夏は涼しく、冬は暖かくするといいます。一年を通してエアコンの使用が減らせれば電気代が削減できて経済的です。自分で電気が作れる、電気代を削減し売電で収入が得られる、環境にやさしいなど太陽光発電のメリットは魅力的です。設置費用はかかりますが、国や東京都をはじめ多くの自治体で設けられている補助制度や減税制度を利用すれば、設置費用を多少なりとも抑えることができます。建物の集中する東京の屋根にソーラーパネルが増えれば、大きなエコにつながります。環境にやさしくお得な太陽光発電を始めてみませんか。

Content Heading

最近はエコエネルギーの人気が高くなっており、一般の方でも簡単に利用できるものが増えています。そのような時によく利用されるのが太陽のエネルギーで、このような発電システムは家の屋根につけられるのでやりやすいです。では東京で太陽光発電はできるのかというと、機械を設置することができれば基本的には可能です。ただそれが儲かるかどうかは場所によって変わるので、必ず儲かるとはいえない所があります。例えば周囲に森などがあって太陽の光が来づらいところだと、発電の効率が悪いため大きな利益にはなりません。そういう所があるので東京の太陽光発電は地域によって変わりやすく、建物の場所によっても大きく変わります。そのようなことをよく調べてから設置をすれば利益を得られますが、うまく利用ができない建物も存在しています。

東京の太陽光発電のメリットとは

東京では太陽光発電で作った電力を買い取ってもらえるので、うまく行けば安定した収入を得ることが可能です。この地域を利用するメリットとしてあるのは、色々な補助金を利用しやすいことです。エコエネルギーを利用する場合は補助金を使う事が多く、そのようなお金をあてにして設置をします。そして東京の太陽光発電にはいろいろな補助があるので、いい条件で設置ができることが多いです。またこのようなものを設置する時はローンを組むこともありますが、この地域には金融機関が多くローンが組みやすいです。地方だとお金を借りられる所が限られますが、東京は太陽光発電向けのローンを簡単に利用できます。そういう所があるので東京の太陽光発電はやりやすく、いい条件で利用ができることが多いです。

このような方法で利益を上げるやり方について

東京の太陽光発電で利益を得るためには、まず国や地方自治体の補助を受ける必要があります。その補助がしっかりしたものならば利益を得やすいですが、そうでない場合は上手く行かないケースも存在します。またこのような方法で利益を得るためには金融機関のローンも大事で、低金利でお金を借りられないと問題になります。東京の太陽光発電はこのようなところに注意をしておけば、多くの場合安定した収入を得ることができます。ただしこういう形で利益を得られるのは電力の買取制度や、機械の設置費用への補助があるからです。そのためそういう行政の対応が変わるとうまく行かなくなることもあるため、そういう点については調べてから行ったほうがいいです。東京の太陽光発電は行政の補助をしっかり受け、建物の立地さえ良ければ利益をえることは十分に可能です。